「あなたの目は近視で、乱視がちょっと入っていますね」と言われたことはありませんか?

近視は近くが見える目だっていうことは、なんとなくわかります。 だけど乱視ってどんな見え方なのでしょう?

タブを切り替えて「乱視の見え方」を体験してみよう!

  • 正視の見えかた
  • 近視の見えかた
  • 乱視の見えかた
  • 正視の見えかた

    正視の見えかた

    ピントを合わせることで、遠くも近くもはっきり見えます

  • 近視の見えかた

    近視の見えかた

    近くのものは、はっきり見えますが、遠くにピントが合いません

  • 乱視の見えかた

    乱視の見えかた

    近くも遠くもピントが合いません

目は何かを見る時に、“見ているもの”にピントを合わせて見ています。カメラのオートフォーカスのような感じです。目がピントを合わせられる範囲(目からの距離)は、近視や遠視などの目の状態によって異なります。

近視は、近くにはピントが合いますが、遠くには合わない目です。ピントを合わせられる範囲が近すぎるのです。そのため、近くは見えますが、遠くはぼやけて見えにくくなります。

反対に、ピントの合う範囲が遠すぎる目を遠視といいます。

乱視は、見るものまでの距離にかかわらず、どこにもピントが合わない目です。つまり、常にぶれたり、ボケたりして見えにくい目なのです。そして近視や遠視に乱視が加わると、さらに見えにくくなります。

近視でも遠視でも乱視でもない目を正視といいます。正視は、近くから遠くまでピントを合わすことができて、近くから遠くまではっきり見ることができます。

このウェブサイトでは、乱視の見えかた乱視の構造などについてお話ししようと思います。

次へ ►
乱視の見えかた体験