メガネに乱視度数が入れられるように、コンタクトレンズにも乱視用があります。

乱視用の度数の入ったソフトコンタクトレンズは、「乱視用ソフトコンタクトレンズ」「トーリックソフトコンタクトレンズ」と呼ばれています。

乱視用ソフトコンタクトレンズによる矯正の考え方は単純です。目のゆがみの方向と反対のゆがみを持ったレンズを正しく向きを合わせて入れればいいのです。そうすれば互いに打ち消しあって、ゆがみがなくなります。

ゆがんだ目に乱視用ソフトコンタクトレンズを装用

ゆがんだ目に乱視用ソフトコンタクトレンズを装用

でも、コンタクトレンズの向きを乱視の向きに合わせて入れても、レンズが目の中で回転して、向きがずれたりしないのでしょうか。

通常のコンタクトレンズだったら、瞬きなどの影響を受けてレンズの向きはずれてしまいます。しかし、乱視用ソフトコンタクトレンズは、レンズが目の中で回転しないように特殊なデザインをしているのです。乱視用ソフトコンタクトレンズのデザインには、プリズムバラストとダブルスラブオフの2種類があります。

プリズムバラストデザイン

プリズムバラストデザインは、レンズの上の方が薄く、レンズの下の方に向かって徐々に厚みを増すような形をしています。

プリズムバラストデザイン

レンズの厚い部分がおもりになって下の方を向くという効果もあるのですが、レンズの回転を止める一番の要因は、まぶたからの圧力です。

コンタクトレンズは瞬きのたびにまぶたから圧力を受けます。そのとき、レンズに厚みの差があると厚いほうから先に飛び出ようとする特性があります。

プリズムバラストデザインでは、レンズの下方が厚くなっていますので、瞬きのたびにレンズは正しい向きを向くような力を受けることになるのです。

プリズムバラストレンズ装用した目

プリズムバラストレンズ装用した目です。瞬きをしてレンズが安定します。

ダブルスラブオフデザイン

ダブルスラブオフデザインは、レンズの上下方向が薄く、左右方向が厚い形をしています。レンズの薄い部分を上下のまぶたと眼球で挟み込んでレンズの回転を抑えます。

ダブルスラブオフデザイン

乱視用ソフトコンタクトレンズは、プリズムバラストやダブルスラブオフという特別なデザインにすることにより目の中での回転を抑えて、適正に乱視を矯正できるようになっているのです。

◄ 前へ
あなたの乱視は矯正すべき?
次へ ►
乱視用コンタクトレンズの
良いところ、悪いところ