乱視は大きく2つの種類に分けられます。

「柔らかい虫メガネ」の例のようにレンズが一定方向にゆがんでいるもの、これを正乱視といいます。もう一つを不正乱視といいます。これは、レンズが不規則にゆがんでいるものをさします。例えば角膜の一部が突き出ていたり、デコボコしているときにできます。正乱視はメガネや乱視用ソフトコンタクトレンズで矯正ができますが、不正乱視はメガネや乱視用ソフトコンタクトレンズでは矯正できません。不正乱視はハードコンタクトレンズで矯正します。

レンズが不規則にゆがんでいる図

正乱視はゆがんでいる方向で、直乱視、倒乱視、斜乱視に分けられます。目のレンズとして働く部分(角膜や水晶体)が、上下方向につぶれるようにゆがんでいると直乱視、反対に横方向にゆがんでいると倒乱視、斜めであれば斜乱視になります。直乱視、倒乱視、斜乱視で当然見え方は違ってきます。人の目では、直乱視が最も多く、倒乱視、斜乱視の順に少なくなります。

直乱視の見えかた

直乱視の見えかた

倒乱視の見えかた

倒乱視の見えかた

斜乱視の見えかた

斜乱視の見えかた

◄ 前へ
乱視の構造
乱視ってどうなってるの?
次へ ►
あなたの目は乱視?