コンタクトレンズの取扱いとケア

装用後のコンタクトレンズには、装用中に付着した涙の成分(眼脂など)や化粧品の汚れ、コンタクトレンズをはずすときに手指から付着した汚れや皮脂などがついています。そのままにしておくと、汚れがこびりついてしまったり、カビや雑菌が繁殖することもあります。微生物や細菌がコンタクトレンズから目に入ると感染症の原因となってしまいます。コンタクトレンズを外したら、毎日必ずケア(洗浄・すすぎ・消毒・保存)をすることが大切です。ケア用品の取扱説明書をよく読んでケアをしましょう。

コンタクトレンズと目の病気に関する記事はこちらから

ケア用品のタイプ

マルチパーパスソリューション(MPS)

1本で洗浄・すすぎ・消毒・保存ができます。こすり洗いで汚れと菌を洗い流します。

過酸化水素システム

消毒の後に中和が必要ですが、高い消毒効果があります。

ヨウ素タイプ

消毒成分にポピドンヨードを使用しています。中和が必要ですが、高い消毒効果があります。

どのタイプがよいか迷ったら、眼科の先生にあなたのコンタクトレンズと相性のよいケア用品を相談しましょう。

こすり洗いの方法

  1. 必ず石鹸で手洗いを行い、泡立てた石鹸で手の甲、指先と指の間、手首まで丁寧に洗い、十分にすすいでペーパータオルや清潔なタオルで水を拭き取ります。
  2. レンズをすすぎ液ですすいだあと、手のひらにレンズをのせて、すすぎ液をたらします。
  3. 利き手の人差し指の腹で、レンズを手のひらにこすりつけるようにして、約20回やさしく洗いましょう。こする時は、同じ方向に指を動かすことがキレイに洗うコツです。
  4. 片面を20回こすったら、レンズを裏返し、反対側も20回こすりましょう。
    こすり洗い用のクリーナーを使った方がよいかどうかは、眼科の先生に相談しましょう。

監修 :医学博士 﨑元 卓(フシミ眼科クリニック)

東京都品川区の眼科なら、目黒駅近くのフシミ眼科クリニックへお任せください。白内障・緑内障・円錐角膜検査など

マガジン・ニュースへ