乱視とは何かについてお話したいのですが、その前に「見る」ということについて少しお話します。

人がものを【見る】ということは、【見ているもの】からくる光を目で感じているということです。 通常、目に入る光は目の中でレンズの役割をする部分(角膜と水晶体)で適度に曲げられ(これを屈折といいます)、目の奥の網膜で一点に集まります(焦点といいます)。 光がレンズを通って焦点を結ぶというのは、虫メガネが光を一点に集めることと同じ原理です。皆さんも、子供の頃に太陽の光を虫メガネで集めて黒い紙などを焦がした経験があると思います。
それと同じことが目の中で起こっているのです。



乱視とは、目のレンズの働きをする部分がゆがんでいるため焦点が合わない状態を言います。
光を屈折させるレンズがゆがんでいたら、光はどうなるのでしょう?


このようにレンズがゆがむと、光もゆがめられて一点に集まらずにずれてしまいます。この状態が乱視です。同じことが目で起これば「乱視がある目」ということになります。

では、乱視の目はどのような見え方になるのでしょう? 乱視は漢字で「乱れて見える」と書きますので、その言葉のイメージからぐちゃぐちゃに見えたり、ダブって見えたりと思っている人もいらっしゃるかもしれません。実際はどんな見え方なのでしょうか?

先ほどの「虫メガネ」をゆがませた絵を使って説明します。

乱視では、見る場所によって見え方が違ってきます。
イラストの(A)では、光は縦方向の線のように集まっていますので、縦方向の線ははっきり見え、横方向の線はぼけて見えます。
(C)では逆に光は横線に集まりますので、横方向の線ははっきり見え、縦方向の線はぼけます。乱視の度数が強くなれば、縦と横のボケも大きくなります。
(A)と(C)の間の(B)では、全体に少しぼけている感じに見えます。ここでの見え方は、弱い近視の見え方と同じぼけ方です。




乱視の見え方は明るさによっても違ってきます。角膜と水晶体の間には虹彩という膜があり、その真ん中あたりに瞳孔という穴が開いています。光は瞳孔を通って目の中に入ります。人は、瞳孔の大きさを変えることで目に入る光の量を調整しています。明るいとき、瞳孔は小さくなり、暗くなると大きく広がります。



瞳孔が広がる暗い場所などでは、光は広い範囲から取り込まれます。広い範囲から取り込まれた光は、網膜でも広がります。ピントがずれていると、ぼけが大きくなるということです。逆に瞳孔が小さくなっているときは、狭い範囲から光が入り、網膜でも広がりません。ピントがずれていても、ぼけも小さくなります。見えにくい時に目を細めると見やすくなりますが同じ原理です。