老眼の症状は、近くが見づらくなること。

遠くはよく見えるけれど、近くが見づらい状態なので、近くを見るときに少し離すと見やすくなったりします。

また、老眼の症状は 40 代から現れ始め、徐々に進行します。

40 代では 10人中 7人以上が、50 代 ではほぼ全員が近くが見づらいと感じるようになります。※

※日常的に近くが見づらい・状況により近くが見づらいと答えた方 (40 代・50 代のコンタクトレンズ装用者へのアンケート)

  • ~40歳
  • 45歳
  • 50歳
  • 60歳
  • ボタンを押すと年齢別の見え方が表示されます。

  • ボタンを押すと年齢別の見え方が表示されます。

  • ボタンを押すと年齢別の見え方が表示されます。

  • ボタンを押すと年齢別の見え方が表示されます。

※実際の見え方は、老眼のすすみ具合によって異なるため、個人差があります。

※正視あるいは正視になるように屈折矯正した目で25cm程度の距離のものを見た場合の例

目が疲れやすく肩がこる

暗いところで見づらい

目線を移したときピントが合いに くい

老眼の症状に心当たりがある方、気になる症状がある方は、眼科に行って先生に相談してみましょう。

取扱い施設を探す

※システムの都合上、旧字体は新字体にて代用表記していますので予めご了承ください

取扱い施設を探す

※システムの都合上、旧字体は新字体にて代用表記していますので予めご了承ください