• もしかして、老眼!? ~ 意識し始めたとき

    私の友人達の中には近視の眼鏡を使っている人も多いのですが、最近よくこのようなことをよく耳にするようになってきました。

    「目が霞むことが以前に比べて、最近、頻繁になった」
    「携帯の文字が見えづらくなり、文字のサイズを大きくしている」
    「電車の中でちょっと暗くなると単行本が読みにくい」

    皆さんのお友達や、もしかしたらあなた自身にそのような症状はありませんか?
    もしかしたら今日はたまたま疲れているのかなとか、一時的に体調がすぐれないのかなと思うかもしれません。また、近くもなんだか見えづらくなってきている感覚もあれば、最近は遠視になってきたんじゃない・・・?と考える人もいると思います。

    しかし!さらに以下のような症状が現れている場合には、もしかすると老眼が始まっているのかもしれません。

    • 新聞の文字が読みにくく以前より遠くに離して見ている。
    • 近くの文字を読んでいると、眉間にしわを寄せ目を細めて見ているといわれる。
    • アイメイクなどの細かいメイクがしにくい
    • 照明の弱い夜のレストランでは、メニューがはっきりと見えない。
    • 夕方になると目が疲れやすくなり、ショボショボする。
    • 目の奥やこめかみのあたりが重く痛い。
    • 近くを見た後、遠くの景色を見ると、しばらくぼけて見える。
    • 肩や首周りがこりやすい

    これらの原因は加齢により目のピント調節機能が低下することです。

    残念ながら老眼を防ぐことは不可能です。加齢とともに誰でも起きることなのです。

    老眼の症状が出ているにもかかわらず、特にケアをしないで生活を続けていると、上記のように眼精疲労やそれによる肩こり、頭痛、などを伴う場合があります。加えて、目を酷使する環境の下では、そういった身体の不調が強く現れます。また、最近よく聞くのですが、パソコンや携帯の使いすぎにより30代でも老眼の症状がある方が増えているそうです。

    ではどうすれば、これらの症状を和らげることができるのでしょうか?

    ①使用している眼鏡の度数を少し弱くする(近視の場合)

    見えづらさ、肩こりなどの症状がラクになるかも知れません。ただし遠くが見づらくなるかもしれません。

    ②遠近両用眼鏡を使う

    これらのレンズには遠くを見るための度数に加え、近くを見るための度数が入っており低下したピント調節機能を補う働きを持っています。ただし視野が狭くなると感じる人もいるようです。

    ③遠近両用コンタクトレンズを使う

    コンタクトレンズも使ったことがない人でも(使ってきたて人はなおさら)、試すことはできます。眼鏡とデザインは異なりますが、コンタクトレンズでも遠くと近くを見るための度数が入っています。

    コンタクトレンズは眼鏡と比べて視野も広いので、遠近両用のコンタクトレンズを試してみてはどうでしょう。

    最近の遠近両用ソフトタイプは、遠くから近くまでに自然な見え方ができるように改良が進み、慣れやすいのでお勧めです。

    いずれにしても、一度眼科や眼鏡店で診てもらい、そのときに遠近両用眼鏡や遠近両用のコンタクトレンズについて相談するのが良いでしょう。

    監修:医学博士 﨑元 卓(フシミ眼科クリニック)

    Blog category
    その他の大切な目の話
    Show share widget
  • コンタクトレンズ装用者の花粉対策

    花粉に対する対策はいろいろありますが、今回はコンタクトレンズユーザーの皆さんに花粉症の時期に少しでも症状を軽く過ごして頂くためのヒントをお話しします。

    花粉症にはワンデーレンズがおすすめ

    結論から言うと花粉症の時期にはワンデーレンズがおすすめです。

    • 毎日のレンズケアが必要もない
    • 毎日新しいレンズと取り換えるので翌日に花粉や汚れを残すことがなく、レンズも毎日フレッシュな状態で使える

    という2ウィークレンズにない長所があります。
    また、もう一つの重要なポイントはワンデーレンズの中でも素材は様々で、汚れがより付きにくいタイプがありますので、眼科の先生やスタッフに相談してあなたにとって最適なレンズを探してみてください。

    2ウィークレンズを使っている人へのアドバイス

    次に、2ウィークレンズを使っている人へのアドバイスです。2ウィークレンズのレンズケアでは汚れをより効果的に落とすために、コンタクトレンズケア剤などでレンズをしっかりすすぐ「すすぎ洗い」と、レンズを手のひらにのせてレンズの裏表をごしごし洗う「こすり洗い」が重要と言われています。もちろんどちらも大切です。

    特に花粉の時期に大切なことは、
    しっかりと「すすぎ洗い」をすることなんです。
    その理由はしっかりと「すすぎ洗い」をすることによってレンズに付着した花粉の多くを洗い流すことができるからです。

    しっかりと「すすぎ洗い」をせずにいきなりこすったりするとレンズに付着した花粉が破れて粘性のある内容物がでてくるので、レンズの表面に花粉が残りやすくなるとも言われてもいます。 2ウィークレンズを使用している人はこの「すすぎ洗い」をしっかりするように心がけるようにしてください。

    メガネを併用することも効果的

    それ以外にも人工涙液などを点眼して花粉を定期的に洗い流すことやコンタクトレンズの装用時間をなるべく短縮してメガネを併用することも効果的だと言われています。また、コンタクトレンズとは関係ですが、カモミールやネトルなどのハーブティーも花粉症の症状緩和の効果があるというから、ぜひ試してみてください。

    ひとりひとり花粉症の状態や使いたいレンズは違うと思います。あなたに合ったレンズを処方してもらうためにも眼科の先生にぜひ相談してみてください。また、コンタクトレンズを装用してどうしても目がかゆい、充血するという症状がある時は無理をしないようにしましょう。

    監修:医学博士 﨑元 卓(フシミ眼科クリニック)

    Blog category
    その他の大切な目の話
    Show share widget
  • 女性のちょっとした疑問 ~更年期のドライアイ~

    以前、女性のちょっとした疑問として妊娠・出産・育児中のコンタクトレンズに関する注意をお話しましたが、今回は更年期のドライアイについてお話をしようと思います。

    更年期とは、一般的に閉経をはさんだ前後10年間程のことを言い、この時期に体に不調が出やすいのはご存知の方が多いと思いますが、もし目にも何かしら気になる症状が出ていたら、その一つにドライアイがあるかもしれません。目が疲れやすい、違和感がある、充血、痛み、見えにくい・・・などの症状はありませんか? ドライアイは、目の乾燥感だけではなく様々な症状が出ることがあります。

    実は、ドライアイを発症するのは女性の方が男性よりも多いのですが、それは女性ホルモン(エストロゲン)や男性ホルモン(アンドロゲン)が関係しているようです。

    涙とホルモンの関係について説明しましょう。
    涙の分泌に女性ホルモンが関係あると言われています。40代に入ると女性ホルモンが徐々に減少し、50代になると急激に減少するため、涙の分泌量に影響が出てきます。
    更に、女性には元々少ない男性ホルモンも減少してきます。実は、この男性ホルモンは、涙の蒸発を防ぐ成分が分泌されるマイボーム腺の働きに関係すると言われていて、ホルモンバランスが崩れることで、涙の成分のバランスも崩れてしまうため、涙が目全体をきれいに覆うことが出来なくなり、ドライアイの症状がでてきます。

    ドライアイの症状を少しでも和らげるために、お勧めする対策をいくつか紹介しましょう。

    • パソコンやスマートフォンなどを使用している人は、視線を下げてみるようにして、意識して深いまばたきをしましょう。
    • エアコンなどの風が顔に直接当たらないよう乾燥対策も忘れずに。
    • 加湿器があるといいですね、部屋の湿度をあげましょう。
    • 40℃程度の蒸しタオルで目を3~10分程温めるセルフケアは目の疲れに効果大。
      この時、ラベンダーやカモミールなどリラックス効果の高いアロマオイルを使用するのもお勧めです。

    また別の原因として、目の疲れを感じるのは老視(老眼)かもしれません。
    遠近両用コンタクトレンズ(1日使い捨てタイプ2週間交換タイプ)を試してみるのもお勧めです。
    他に、急激な痛みや充血が起きた場合は、緑内障などの病気の可能性も。
    緑内障は40歳以上の17人に1人の割合で発症しているそうですから、急に目に異常を感じた時は、すぐに眼科へ行ってくださいね。

    最後に…
    40歳を過ぎたら、目の健康のためにも年に一度は眼科の診察を受けましょう。
    早期対策、早期発見、早期治療で更年期を快適に過ごしてくださいね♪

    Blog category
    その他の大切な目の話
    Show share widget
その他の大切な目の話

ページ