• コンタクトレンズもスマートフォンも両方必要な皆さんへ

    スマートフォンやタブレットがかなり普及し、ビジネスシーンでも活用されることが多くなりました。
    電車の中でも、スマートフォンや携帯電話を見ている人が本当に多いですね!
    コンタクトレンズを使っている皆さんもそうでしょうか?

    以前にも、 スマートフォンや携帯電話を見ているときの乾燥感や疲れ目の対策 や、 コンタクトレンズを使っている働き盛りの皆さんに起こりがちな症状や慢性的な目の疲れ などについてお話しました☆

    最近は、スマートフォン症候群という言葉もよく聞かれますよね。
    スマートフォン症候群とは、その言葉の通り、スマートフォンを長時間同じ姿勢(下を向いた姿勢)で使用し続けることによって、目の疲れや眼精疲労、ドライアイ、肩こりといった症状のほかに、首のカーブがまっすぐな状態になってしまうストレートネック、更に、それによる様々な体調不良が起こることをいうそうです。

    スマートフォンや携帯電話のような比較的小さな画面を近い距離で長時間見続けると、瞬きの回数が減ってドライアイになりやすく、またストレートネックによる首や肩の筋肉の緊張は、目の周囲の筋肉をも緊張させ、ピントを合わせることがうまく出来なくなったり、眼精疲労や首や肩のこりからの頭痛、更に吐き気などを起こしたりする原因になることもあるそうです。
    下を向いた体勢で小さな文字を凝視することは、想像以上に首や目に負担がかかるのですね!

    コンタクトレンズを装用していて、スマートフォンをよく使う、小さな文字をよく見るという人は、乾燥感や目の疲れを感じられることも多いと思います。

    そこで、乾燥感や目の疲れを防ぐために、ぜひ試してみてください!

    お休みの日や車の運転が多い日は遠くが良く見えるレンズを使い、スマートフォンなどの小さな文字を見ることが多い日は度数を弱めたレンズを使うというように、用途に応じて2種類の度数のコンタクトレンズを使い分ける。
    このような使い方には、ワンデータイプのレンズが便利ですね。

    スマートフォンもコンタクトレンズもどちらも必需品という皆さん!どうか無理をせず、目を大切にしてくださいね☆

    Blog category
    携帯電話をお使いの方へ
    Show share widget
  • スマートフォンや携帯電話を見ている時の乾燥感・疲れ目の対策♥

    スマートフォンや携帯電話、携帯ゲーム機が無い生活なんて、考えられないわよね。
    コンタクトレンズを使用しているアナタも・・・そうよね???

    最近は、節電のため、電車の中やカフェなどのお店の中の照明も以前よりちょっと暗くって、特に夜、学校や会社からの帰りに、電車の中や歩きながらスマートフォンや携帯の画面を見ていると、目が乾いたり、疲れたりしませんか??

    そう!
    1日働いた目は疲れているし、コンタクトも乾いてしまっています。
    スマートフォンや携帯、携帯ゲーム機の画面はパソコンのディスプレイよりも小さいので、当然文字も小さくて、アメリカでの研究によると、新聞や本・雑誌を読む時は、目から約40cmの距離で見ているけれど、スマートフォンでメールを読む時は約35cm、ウェブページを見ている時は約32cmと、新聞や本・雑誌よりもスマートフォンの画面を見る時の方が目からの距離が近いという結果だったそうなの。

    暗めの照明のところでスマートフォンや携帯などの画面を凝視していると、瞬きの回数が減って、目が乾き・・・目にも負担がかかって、ドライアイや不快感、長時間使用後のかすみ目、更に頭痛や眼精疲労などにもつながる場合があるそうなの。
    意外なところに、乾き目や疲れ目の原因があったのね・・・。
    しかも、この季節は空気が乾燥して来ているし、これから冬になって暖房がついたら、その熱風でますます目が乾いてしまい、慢性的な乾き目・疲れ目になってしまうかも!?!?

    では、そんな時はどうしたらよいかしら??

    コンタクトを早めに外して目を休ませてあげること、蒸しタオルやホットアイマスクなどで目を温めて血行を促進させてあげると、疲れ目だけでなく乾き目にもイイみたい♪ 
    大事な目のために、是非試してみてね☆

    監修:医学博士 﨑元 卓(フシミ眼科クリニック)

    Blog category
    携帯電話をお使いの方へ
    Show share widget
  • やってませんか?こんな所で携帯電話の操作(続編)

    ~歩きながら~

    「アブナイ!」と思うときがあります! 歩きながらの携帯操作。
    携帯の画面を見ている時は、目は近くにピントを合わせるように調節しているため、
    携帯を見続けた直後は、一過性の近視になって、周りが見えにくくなります。
    しかも、特に夜は明るい画面をジーッと見ていると、周りが更にまっ暗になり、
    どんなに高性能なコンタクトレンズをしていても、「暗くてよく見えていない状態」。
    歩いている時は、携帯に夢中でまばたきが減って目が乾き、風が当たってダブルパンチ!
    雨の夜に、傘をさして歩きながら携帯操作・・・なんて、絶対にやめましょうね!

    ~家の中で~

    夜寝る前は携帯タイム♥という人も多いのでは?
    寝転がってリラックスして、メールをしたりネットを見たり♪
    でも、1日働いた目とコンタクトレンズは、クタクタに疲れて乾いています。
    突然襲ってくる睡魔に負けて、いつの間にかコンタクトをしたまま眠ってしまい、
    朝起きたら、目がゴロゴロ、視界は白くかすみ、白目は真っ赤に充血!
    何だかアタマも痛いみたい・・・なんてこと、ありませんか??
    ほら、アナタの「乾いた目」が泣いています。
    何度も繰り返すと、大切な目が疲れ過ぎて病気になってしまいます。
    ワンデータイプのコンタクトなら、寝る前に捨てるだけなので、そんなアナタにオススメです♥
    リラックスタイムはメガネに着替え、大切な目とお肌のためにも充分な睡眠を☆

    コンタクトレンズを外す時

    監修:医学博士 﨑元 卓(フシミ眼科クリニック)

    Blog category
    携帯電話をお使いの方へ
    Show share widget
携帯電話をお使いの方へ