コンタクトレンズを装用している人から、「遠くは良く見えて快適だけど、会社でデスクワークをしていると目がすごく疲れるんです。どうしたらいいですか???」というお問い合わせをいただくことがあります。

きっと、それは、両目で見た時に遠くがハッキリ見えるようにコンタクトの度数が合っているから。
だから、仕事でパソコンを使うことが多い人は、近くを見ることが多いので、目が疲れて乾いてツライのかも・・・。

では、どうしたらよいのでしょう??

ワンデーの人は、眼科の先生に相談して、デスクワークやパソコンの作業をする時用に、いつも使っているコンタクトの度数よりも1~2段階弱い度数のレンズを処方してもらってみて。
遠くは少し見えづらくなりますが、デスクワークはラクになると思いますよ!

そして、お休みの日やデスクワークをしない日などに、遠くがハッキリと見えるレンズを使うと良いですよ。

ワンデーだとそういった使い方が出来るので、2種類の度数のレンズを購入し、用途に合わせて使い分けてみると、快適な毎日が送れます☆

普段は酸素透過性ハードコンタクトレンズや2ウィークタイプのソフトコンタクトを使っているアナタ、メガネのアナタは、旅行やスポーツの時用にワンデータイプのコンタクトを持っていると便利です。
眼科の先生に相談してみて!

アクティブなアナタに、ライフスタイルに合わせたコンタクトの使い分け、是非オススメします♥

監修:医学博士 﨑元 卓(フシミ眼科クリニック)

マガジン・ニュースへ