• レンズのゴロゴロ感と梅雨の意外な関係

    そろそろ全国各地で梅雨入り宣言が聞かれる季節になりましたね。
    湿気が多くて洗濯物が乾かない!ジメジメして気分も沈みがち・・・という方も多いのではないでしょうか?そんな季節ですが、せめてコンタクトレンズは快適に使いたいものですね。今回はコンタクトレンズと梅雨の意外な関係に迫ってみたいと思います。

    まず、皆さんはコンタクトレンズを装用した時に「ゴロゴロする」経験はありませんか?
    この異物感と呼ばれる現象にはいくつかの原因が考えられます。

    まず一つめは「異物の混入」です。
    目は細かい神経が集中した身体の中でも特別に敏感な器官ですので、衣服やタオルの繊維、まつ毛などのごく小さな異物が入っただけでゴロゴロ感や痛みなどの自覚症状が現れます。
    そんな時には、ワンデーレンズなら人工涙液などのレンズを装用したまま使用できる点眼液を多めに点して異物を洗い流すようにしてみてください。2ウィークレンズならケア用のすすぎ液などで軽くすすぎ洗いをしてみましょう。それでもまだゴロゴロ感が残るようなら、新しいレンズに取り換えてみてくださいね。

    二つめはレンズのキズです。レンズを容器から取り出したり、表裏の確認や装用のために指先へ乗せる時はどうしてもレンズを触らなければ出来ませんね?実はこの時に、うっかり爪などでレンズに小さなキズをつけてしまうことがあります。もしレンズを近くで見て疑わしい様でしたら、そのレンズは使わずに新しいものと取り換えてくださいね。

    そして三つめは「レンズの汚れ」です。
    ワンデータイプのレンズをお使いの方は毎日新しいレンズを装用しますので心配はいりませんが、2ウィークタイプのレンズをお使いの方は、この時期、特に注意が必要です。

    コンタクトレンズは目に装用すると 目ヤニなどの涙液成分の汚れ が付着することはもうご存知ですよね?だからこそ、毎日のお手入れが大切になってくるのですが、この時期に気を付けなければいけないのは「細菌の繁殖」です。一般的に、菌は暖かく湿気の多い環境を好みます。梅雨時期に食中毒などの被害が多いのはこのためですが、コンタクトレンズも例外ではありません。

    「え!? 私、ちゃんとレンズをキレイに洗ってますよ??」とおっしゃる方がほとんどだと思います。でも・・・問題はレンズだけではないんです。
    それは・・レンズケースです。

    皆さんはレンズケースをこまめに洗っていますか?保存液や消毒液は毎日交換しているでしょうか?レンズの汚れに対する関心は高まってきているのですが、意外にレンズケースには無関心という人も多いのです。
    皆さん、お手元のレンズケースを確認してみてください。レンズケースに塩の結晶が固着していたりしませんか?もし、ケースやフタに黒・赤・茶・緑色の汚れがついていたら・・・それはカビの可能性が高いと言えるでしょう。

    私たちの身の回りには、目に見えないだけでたくさんの菌が存在しています。その菌がいっせいに活発化するのが、この梅雨の季節なのです。もしカビや菌の付着したレンズを目に入れたら・・・想像するだけで恐くなってしまいますよね・・・。

    レンズの汚れやカビ・菌による感染症予防のためにも、レンズとともにケースも毎日洗う習慣を心掛けましょう。ケースは定期的に新しいものと交換(30日~45日を目安に)するといいでしょう。

    最近ではコンタクトレンズの汚れ付着の対策として、汚れのつきにくい素材を使用したワンデーレンズ2ウィークレンズが発売されておいますので、試してみるのもお勧めです。

    その他には、目そのもののコンディションがよくない場合にも異物感を覚えることがあります。
    仕事で目の疲れが溜まっていたり、睡眠不足や花粉症の影響などもあるかもしれませんね。
    こういう場合、ほとんどの方がしばらくレンズの使用を控えて様子を見たり、そのまま我慢したりするようですが、もしかしたら、目に病気が隠れているのかもしれませんよ?
    この場合は「眼科を受診する」のが正解です。レンズは交換できても、目は交換できませんので、早めにかかりつけの眼科を受診しましょう。

    コンタクトレンズの正しい使用方法とご自身の目の状態を知っておけば、いつでも視界はクリア!梅雨のジメジメした天気でも気分は爽快です!
    さあ、今日も元気に行ってらっしゃい!!

    監修:医学博士 﨑元 卓(フシミ眼科クリニック)

    Blog category
    お手入れや取り扱いについて
    Show share widget
  • コンタクトレンズの貸し借りは絶対にやめましょう!

    春になり、進学、就職など、新生活のスタートの時期ですね。
    この機会に、コンタクトレンズのデビューを考えている方も多いのではないでしょうか?
    さて、今回は、初めてコンタクトレンズを使用する方にも、既に使用している方にも守って欲しい大切なことをお伝えします。
    それは、「コンタクトレンズの貸し借りは、絶対にやめましょう!」です。

    実は以前、中学生からこんな話を聞きました。
    「このレンズがカッコイイから、友達が使いたいって!」 
    …同じレンズを買いたいのかな?と思ったら、実は、その子が持っているカラーコンタクトレンズ(カラコン、カラーCL)を貸してほしいということだったのです。
    学校がお休みの日に使うのでしょうが、いまや中学生でもカラコンを使う子がいることにも驚きましたし、「自分に似合うかちょっと試してみたい」 「お小遣いが足りないのでカラコンを買えない」 「別の色を試してみたい」…など、軽い気持ちで貸し借りをしている子供達がいる事実に驚きました。
    カラコンはファッション性が高いので、アクセサリーのように気軽に貸し借りしてしまうことがあるようなのです。もちろん、その子には貸し借りをしないよう注意しました。

    コンタクトレンズは目に直接つけるものなのは皆さんご存知の通りです。
    洗浄済みのレンズであっても、人が使用したレンズを貸し借りするのは大変危険です。
    もちろん新品(未開封)でも止めてください。同じ度数で、同じメーカーのレンズであっても、種類が違うと、材質やカーブ、サイズ、デザイン等、細かな違いがあります。ですから、貸し借りをすると、結膜炎などの目の病気がうつる恐れ、レンズの度数やカーブやサイズが合わずに、めまい、ゴロゴロ感や痛み、充血、角膜を傷つける・・・などのトラブルが生じる恐れがあるのです。

    メガネにしても、一人一人にあわせて作るものですから、貸し借りはしませんよね。
    ましてやコンタクトレンズは目に直接触れるものです。どんなに仲の良い友達や家族でも、たとえ未使用のレンズでも、コンタクトレンズの貸し借りは絶対にしないことです。

    コンタクトレンズの装用においては、目の状態を眼科の先生に正しく診断してもらい、その人の目に合ったものを使用することが大切ですから、これから新たにコンタクトレンズを使いたいと考えている方は、眼科で検査を受けてから購入しましょう。

    ここでちょっと購入時のアドバイス!
    眼科の先生にコンタクトレンズを使う目的をしっかり伝えましょう。

    「視力の矯正をしたい」 「視力の矯正もしたいし黒目を大きく見せたい」 「視力は満足しているけど目の色を変えたい」 「車の運転の時に使いたい」など。
    また、実際にコンタクトレンズを目に着けたい時間(装用時間)も伝えてください。

    レンズの種類によっては、8時間程度が限度のものもありますので、実際の生活で使用する時間がオーバーすることで発生する恐れのある充血や角膜炎などのトラブルを防ぐことができます。
    そして、仕事の種類やスポーツなどによっては使えるレンズ、勧められるレンズが異なる場合もありますので、職業や、どんな時に使いたいのか、しっかり伝えることも、あなたに合うコンタクトレンズを選んでもらうためのポイントです。
    気になる事があったら、遠慮せずに眼科医に相談し、安全にコンタクトレンズライフを楽しんでくださいね♪

    そして…最後にもう一度。
    くどいようですが、「コンタクトレンズもメガネも貸し借りは絶対にしないでください!」

    監修:医学博士 﨑元 卓(フシミ眼科クリニック)

    Blog category
    お手入れや取り扱いについて
    Show share widget
  • コンタクトレンズで悩んでいませんか?

    桜の花びらもすっかり色づき、いよいよ春本番ですね!
    もう少しでゴールデンウィーク!野や山へとお出かけされる方も多いのではないでしょうか。
    私どもはコンタクトレンズをご使用のみなさんにも、行楽シーズンを思いっきり楽しんでいただきたいと願っています。そのためにもコンタクトレンズを快適にお使いいただくことはとても大事なポイントだと思いますが、みなさんのコンタクトレンズの調子はいかがでしょうか?

    実は、私どもでは2ウィークタイプのレンズをお使いいただいている方を対象にちょっとしたアンケートを実施いたしました。
    今回はそのアンケートでわかった意外な事実をご紹介したいと思います。

    まず、「現在ご使用のコンタクトレンズに不満な点はありますか?」という質問に対して「ある」と答えた方が40%もいらっしゃいました。
    このこと自体は、感じ方は人それぞれですので、少々多いようにも思えますが想定の範囲内でした。
    ところが、次の質問で「お悩み解消のために、誰かに相談しましたか?」と伺ったところ、82%もの方が「相談していない」と回答されたのです!
    しかもそのうち69%の方が「今後相談したい」とお答えになっています。
    (2015年 クーパービジョン調べ)

    なんということでしょう・・・。こんなにも多くの方が「何かしらの不満や悩みを抱えながら誰にも相談できずにいる」ということに正直驚きました。
    もしかしたら、あなたも何かしらの悩みをお持ちの中の一人ではありませんか??

    具体的な不満・悩みの内訳は、第1位が「乾燥感」でした。続いて「装用感」「はりつき感」「汚れ」「目の疲れ」等・・・となっていました。
    いずれもコンタクトレンズをお使いの方なら誰もが一度は感じた内容ではありませんか?
    私たちが普段身近に感じている問題に悩まされている方がこんなにも多くいらっしゃることを改めて考えさせられる結果でした。

    エアコンの効いた部屋でパソコンの画面を長時間見ていたり、スマートフォンの画面を集中して見ていると、どうしても瞬きをする回数が減ってしまい、目とレンズが乾燥して異物感やはりつき感が出たりしませんか?
    人工涙液を点眼しても改善されないときは、我慢せずにコンタクトレンズを外して眼を休ませてくださいね。

    目に入れたときから異物感があるときは、ゴミやまつ毛が入った場合や手指から異物が付着してしまったのかも知れません。おろしたての毛足の長いタオルの繊維も要注意です。そんなときは、我慢しないですぐに新しいコンタクトレンズと交換してくださいね。

    いずれにしても・・・目の健康への正しい判断を下せるのは眼科医をおいて他にはありません。
    そこで、悩めるあなたに是非アドバイスさせていただきたいと思います。
    コンタクトレンズの使用に際して、どんな小さな悩みでも遠慮せずに先生にご相談なさってください。
    「お医者さんにはなんとなく話しづらい」と思う方もいらっしゃることでしょう。
    ですが、実は眼科医も患者さんからのお申し出は診療上とても大切な情報ですので、感じたことや要望などを遠慮せずに言ってくれたほうが助かるそうですよ!

    では、「遠慮せずに話す」といっても、どのように話せばいいのでしょう。
    それは「できるだけ具体的に話す」ということがポイントになります。
    例えば、「目の乾き」に悩んでいるとしましょう。「先生、コンタクトをしていると目が乾くんですけど・・・」これだけでは漠然としていますので、「朝はみずみずしいのに、15時ごろになるとパサパサした感じに乾いてゴロゴロしてくる」「パソコンを使って仕事をしていると乾いて文字がかすんで見える」といったように時間や状況などを盛り込んで説明するといいでしょう。
    今、あなたが直面している問題を率直に眼科医に伝えることで会話が生まれ、先生も親身になって考えてくれることでしょう。

    何でも相談できる眼科医がいること・・・これはコンタクトレンズを使用する上で最も大切なことなのかも知れませんね。さあ、勇気を出して先生に声をかけてみましょう!
    せーの!!!

    監修:医学博士 﨑元 卓(フシミ眼科クリニック)

    Blog category
    お手入れや取り扱いについて
    Show share widget
お手入れや取り扱いについて

ページ