• 子供の視力低下とその予防

    前回は「乳幼児の視力と目の病気」や「子供のコンタクトレンズデビュー」についてお話しました。
    今回は、子供の視力低下と、その予防方法についてお話しようと思います。

    子供の視力が昔と比べて低下しているのはご存知ですか?
    2012年度の学校保健統計調査によると、子供の裸眼視力が1.0未満の割合は、小学生30.7%、中学生54.4%、高校生が63.8%と発表されました。この値は30年前と比べると約1.2~1.6倍の増加となっています。

    外で駆け回って遊ぶことが多かった30年前の子供に比べ、最近の子供は勉強、VDT(スマートフォンや携帯電話、ゲーム機器、パソコン、テレビゲームなど)の使用など、近くを見続けることが多い生活を送っています。さらに、室内のみならず公園や電車、車の中でも携帯型ゲームに集中している姿も良く見かけますね。

    視力低下の原因は、このように近くを見続ける時間が長いことが考えられます。
    遠くを見るときは、目の筋肉(毛様体筋)がリラックスして伸びることでレンズの役割をする水晶体が薄くなります。逆に近くを見るときは筋肉を縮ませ、水晶体が厚くなることでピント合わせをしています。
    つまり、近くを見続けてしまうと筋肉が縮んだままの緊張した状態になるため、次に離れた所を見た時に筋肉が十分に伸びず、一時的にピントが合わせられなくなるために見えにくくなってしまうのです。

    細かい作業や同じ姿勢を続けていると肩がこることをイメージしてもらうと分かりやすいと思いますが、こりを予防するには、ストレッチなどをして筋肉を伸ばし、休憩を取るのが効果的ですよね。
    同じように目にも休憩をとることが大切です。近視の発生や進行を予防するためにちょっと気に掛けて以下のことを子供に習慣付けさせてみませんか?

    • 読書や勉強は、1時間くらいしたら10分程度、体をほぐすだけでなく、遠くを眺めるなどして目も休めましょう。
    • ゲームなどVDTを使用している時は特に目に負担をかけるので、30~40分したら3~5分程目を休めましょう。
    • 目を休める時、「遠く」のもの、室内であれば2~3メートル離れた所のカレンダーや時計の文字、壁に貼ってあるポスターのアイドルの顔など、目標物を決めて10~30秒くらい見つめて目の筋肉を伸ばし、リラックスさせる時間を取り入れましょう。この時、瞬きは自然にしてください。また、明るい部屋で行うと効果的ですので、夜など部屋が暗いと感じる場合には、電気をつけて行ってくださいね。

    楽しいゲームなどを中断させるのはなかなか難しいと思いますが、ご家庭で時間のルールを決めて子供の視力を守ってあげたいですね。習慣付けできるまではタイマーなどを使って時間の管理をするのも良いかもしれませんよ♪

    コンタクトレンズもスマートフォンも両方必要な皆さんへ

    監修:医学博士 﨑元 卓(フシミ眼科クリニック)

    Blog category 
    お子様がいらっしゃる方へ
    Hide thumbnail on pos‌t 
    0
  • 子供のコンタクトレンズデビュー

    今まで2回に渡って「乳幼児の視力と目の病気」についてお話してきました。
    今回は、子供のコンタクトレンズデビューについてお話しようと思います。

    さて、「子供に初めてコンタクトレンズをさせるのはいつ頃がいいの?」「何歳から使えるの?」という疑問をお持ちの方も多いと思います。

    実は、赤ちゃんでも先天性白内障など医学的な理由でコンタクトレンズを使うことがあるのですが、その場合は親がレンズのつけ方や外し方などのお手入れ(ケア)を行うことになります。
    このような治療目的の場合を除き、小学生のお子さんがコンタクトレンズ使うことは、あまりおすすめできません。なぜなら、取り扱いを清潔に安全に行うことが難しく、また装用中に異常が生じた時に十分な対処ができないことが考えられるからです。

    スポーツやバレエ、ダンスなどをやっていて、どうしてもコンタクトレンズが必要になった時は、眼科医に相談してみましょう。小学生に限らず、未成年者の初めてのコンタクトレンズは、保護者も一緒に眼科医に相談することが大切です。
    まずは、お子さんがコンタクトレンズ使う前に、保護者の方に確認していただきたいことをいくつか挙げますので、参考にしてみてください♥

    お子さんがコンタクトレンズを使うために、クリアしていますか?

    1. 目に合ったメガネを持っていますか?
      →もしメガネを持っていなければ、最初にメガネをつくりましょう。
      コンタクトレンズは、メガネの代わりではありません。コンタクトレンズしか持っていないと、レンズを長時間つけてしまったり、目の調子が悪い時でもレンズを無理して使ったりして、大切な目にキズがつき、症状が悪化して取り返しのつかないことになることがあります。
    2. コンタクトレンズの処方を受ける時や、コンタクトレンズのつけ方・外し方・お手入れ(ケア)の方法の説明を受ける時は、保護者が付き添うことができますか?
      →お子さんがコンタクトレンズを正しく使っているかどうか、日頃から保護者の方がチェックすることが必要です。そのためにも、保護者の方が正しいコンタクトレンズの使い方を理解しておくことが大切です。
    3. 定期検査には保護者も付き添うことができますか?
      →目に異常がなくても、レンズ装用開始日から1週間後、1カ月後、3カ月後、以降3カ月毎または眼科医の指示に従って定期検査を受けることになります。
      本人が異常を感じていなくても、異常が生じて目薬が出されることがあります。
      成長期で度数の変化が大きく、コンタクトレンズの度数やカーブが変更されることもあります。
      定期検査をきちんと受け、目の状態を把握するためにも、保護者の付き添いが必要です。
    4. コンタクトレンズを使う時間は眼科医の指示をきちんと守らせることができますか?
      コンタクトレンズは必要なときだけ使わせるようにしなければいけません。
    5. コンタクトレンズをしている時に、突然目にゴミが入ったなどのアクシデントがあった場合でも、慌てずに手を洗ってからレンズを外せるような、落着きある行動や冷静な判断が出来そうですか?
      また、コンタクトレンズをつけて異常(ゴロゴロ感、痛み、かゆみ、充血など)が生じた場合、すみやかに眼科医の診察を保護者と一緒に受けに行くことが出来ますか?

    これらを全てクリアしていても、目や健康の状態などによっては、眼科医に「コンタクトレンズが使えない」と診断されることもあります。
    コンタクトレンズは大切な目に直接装用する高度管理医療機器です。
    眼科医に良く相談し、普段はメガネ、スポーツの時だけワンデータイプのコンタクトレンズにするなど、お子さんにも保護者の方にも無理のないようにコンタクトレンズデビューをしてくださいね♪

    監修:医学博士 﨑元 卓(フシミ眼科クリニック)

    Blog category 
    お子様がいらっしゃる方へ
    Hide thumbnail on pos‌t 
    0
お子様がいらっしゃる方へ