• 近視について・最近の考え方

    以前、豆知識で「近視は“良い目”です」とお話ししたことがあります。・・
    「・・現代では遠くが良く見えるメリットより、近くが楽に見えるメリットの方が大きい・・例えば:受験勉強やパソコンなどの緻密な作業に集中できる、年を取っても老眼鏡なしで文字からの情報に不自由しない等・・有利なことが多いことから、遠視より近視の方が時代に即した“良い目”と言えますよ・・」と。 
    ・・このことは今でも正しいと考えています。

    しかし、近視でも、ある程度強くなると日常生活に少し不自由が出てきますね。
    では、どの程度が“丁度良い近視”なのでしょう?・・多分、メガネ、コンタクトなしの視力(裸眼視力)が0.3から0.8位であれば“理想的な近視”と言えます。もっとも、これよりやや強い近視(裸眼視力0.1前後)でも、メガネかコンタクトレンズを持っていれば特に問題ありません。

    一方、“近視が進む、度数が強くなる”と言う話を聞きます。近視はなぜ進行するのか、予防することは可能なのか・・その答えの一部は分かっています。原因で一番多いのは、皆様ご存じのように・・①使用するレンズの度数が強すぎる、あるいはレンズで矯正した視力 が1.2以上の方でパソコンなどの近業を長時間行う場合等・・ですが、もう一つ、②強度近視の素質がある方の中に、中高年になるとかなり近視が進行する場合があります。今回お話ししたいのは、その中で特に矯正度数が10 D(ディオプター) 前後あるいはそれ以上になる方についての最新情報です。

    近視は比較的アジア人に多いとされ、強度近視の原因は一般的に遺伝的、家系的なものとされています。年齢と共に強くなりますが、若いうち・・40代までは、矯正視力も正常で問題ありません。しかし、高齢になると眼底に変化・・眼軸(眼球の奥行き)の延長が起こり、裸眼では手の届く距離しか見えなくなります・・浮腫、出血などの網膜症が起こり易くなり、遠くも近くも視力が出ず、0.02以下になることもあります。そういう方は少し前までは、眼科に行くと“眼底以外はどこも悪くないのですが、視力を良くする方法はありません!”と言われていました。ある意味で、強度近視は失明の原因の一つでした。・・ところが最近、近視進行についての研究が、やっと見直され、新しい検査法が発達、治療法が開発され始めました!・・画像診断の発達、原因究明から得られた治療法も注射、投薬、手術と広がってきています。

    ほぼ100年以上、この分野は全く手がつけられなかったことを考えると、感慨深いものがあります。幼児期から検査を受けた方が良い場合もあります・・かなり強い近視の素質、家系の方は・・“大学病院の眼科:近視の専門外来”をネット等で調べて、専門家の話を聞いてください。・・きっと参考になると思いますよ!

    監修:医学博士 﨑元 卓(フシミ眼科クリニック)

    Blog category 
    目の豆知識
    Hide thumbnail on pos‌t 
    0
  • お化粧と眼(その1)‘まぶた’

    今回は、女性のお化粧に関係がある眼の部分、“まぶた”や“まつげ”についてお話したいと思います。
    まず、“まぶた”のお話を致します。“まぶた(眼瞼)”は眼球の前にあり、まばたき(瞬目)をしながら、くろめ(角膜)を守ります。そして、メーキャップの大事なポイントの一つになっています。淡くあるいは濃くアイシャドウで彩られて見事な化粧がなされる場所です。ただ、皆様はこの場所が顔のなかで、いや体中で最も柔らかい、デリケートな皮膚であることをご存知ですか? そのために、かぶれ易く、アレルギーが出やすい場所になります。したがって、今まで使った事のない新しい化粧グッズを使うときは、まず、他の場所、例えば腕の内側などで試してから始めたほうが無難ということになります。

    まぶたのふち(瞼縁)も大事な場所です。ここは皮膚と粘膜の境目です。そして、涙の成分の一つである‘油’が分泌される場所です。鏡で眼の縁を見ると、小さな孔(マイボーム腺開口部)がきれいに並んでいるのがわかります。実は、ここが目詰まりしたり不潔になると、ものもらい(麦粒腫、霰粒腫)の原因にもなります。その上に、ここはファンデーションの粉がつき易い場所でもあるのです。結膜のゴミや“めやに”は、涙と瞬きで取り除くことが出来ますが、眼の縁についたものはなかなか取れないものです。むつかしいですが、白目にさわらないよう注意してふき取るしかありません。つまり、眼の縁に触れないよう化粧するコツが大事なのでしょうね。アイメークに使われる化粧品は簡単に取れてしまっては困るのでしょう。しかし、眼の縁ぎりぎりに使われる‘アイライン’などは、まさに粘膜ぎりぎりに塗られるようです。芸術性はあっても‘瞼縁’の粘膜は驚いていることでしょう。

    さて、まつ毛の話をしましょう。少し前の話ですが、ある大手の化粧品会社がまつげを長く伸ばす線維入りのマスカラを開発していました。その製品が‘眼にどのような影響を与えるか’について一緒にお仕事をした事が有ります。いや、驚きました。あんなにまつ毛が伸びていくとは知りませんでした。線維が細くても太すぎても延長効果が出ないのですね。一方、このような線維は、眼(角膜や結膜)にくっつくと、よほど上手に洗わないと出て行かなかったと記憶しています。マスカラがコンタクトレンズ、特にソフトタイプに付着すると取れなくなります。決して無理しないで新しいものと交換して下さい。

    最近、緑内障と呼ばれる病気の治療薬‘ある点眼薬’を使うと、患者さんのまつ毛が異常に太く、長くなる事が知られています。あまり長くなると眼薬を付ける際に邪魔になるので、定期的に切り縮める様にしています。
    利用法が有るとも聞いていますが、何か、とても複雑な気になります。

    監修:医学博士 﨑元 卓(フシミ眼科クリニック)

    Blog category 
    目の豆知識
    Hide thumbnail on pos‌t 
    0
目の豆知識