• レンズの特徴を知る

    皆さん、世の中にソフトコンタクトレンズ(SCL)の製品はどれぐらい有ると思いますか?少なくとも数百種類は有るのではないでしょうか。

    これからSCLを始める人は勿論
    いまレンズを使っているあなたにも現在市販されているSCLの特徴をあらためて知って頂きたいと考ました。

    まず、SCLを決める際に、説明される言葉を幾つかあげてみましょう。①酸素を良く通す、②乾きにくい、③装用感が良い、③汚れにくい、④取り扱いやすい 等が有りますね。

    これらは、CLの物性値で・・酸素透過性、含水率、水濡れ性、弾性率、蛋白や細菌の付着性・・などと呼ばれています。

    まず、最も良く聞く“酸素透過性”から説明しましょう。・・長時間の装用で、角膜に酸素不足が起こらないレンズの酸素透過係数(Dk値)(大きいほどレンズ素材が酸素を通しやすい)は50以上と言われていますが、素材にシリコーンを使用しているレンズでは、ほぼこれをクリアします。
    ただ、この素材だけで作ったレンズは“水濡れ性が悪く、乾きやすい”あるいは“汚れ易い”“装用感が悪い”等の欠点が有ります。

    一方、非シリコーン系素材のレンズはどの様になっているのでしょう。
    “酸素透過性、装用感”共に良好なSCLの特徴は“含水率が高い”ことです。しかし、この系統のレンズは“乾きやすく、汚れ易い”等の欠点が有るのです。
    一般的に、ある素材に優れた長所がある反面、短所もあることが多く、なかなか両立しない傾向が有ります。・・この様な問題を解決する方法が有るのでしょうか?

    世の中には似たようなことが有りますね。 あれさえ無ければ、あの子は本当に良い子なのに! 悪いところも有るけど、彼の長所を伸ばしてやれば? 後は眼をつぶろうよ!と。

    でも、SCLにはそれが許されません!

    しかし、最近やっとこの矛盾に満ちた問題を克服するシリコーンレンズが登場してきました!・・・それは、酸素透過性に優れるシリコーンの素材を使いながら・・
    1)レンズの表面処理をおこなう。
    2)シリコーン自体の分子構造を改良する。
    ・・驚くべき技術の進歩で・・短所である水濡れ性の悪さ、汚れ易さを克服し、装用感に優れた“第2世代のシリコーンレンズ”が誕生しています!

    さらに近年は第3世代のシリコーンレンズが開発され、その素材に大きな特長があります。酸素透過性の効率が非常に良いこと、そしてそれに伴って硬さの原因となるシリコーンを減らすことができることです・・。そのためレンズが非シリコーン系素材に近いくらい柔らかいのが特徴です。・・・さらに素材自体が水になじむ素材になって水濡れ性も良いのです!こういうとシリコーンレンズの弱点がほぼなくなったようにも見えます。コンタクトレンズも改良を重ねここまで来たという感じもしますが・・・しかし!!どのようなレンズも万人にとって100%完璧なものはありません!・・・その人に合うコンタクトレンズは目の状態や使用する環境によっても違うのでしっかり眼科の先生に診てもらってくださいね。

    ・・“酸素をたくさん通すそうですが、汚れの方はどうですか?”・・“装用感が良いとの事ですが、乾きにくいのはどうしてですか?”・・と担当の人や先生に、積極的に聞いてみて下さい!・・・あなたが、心地よく、安心できるレンズを選ぶために、遠慮しないでください。!!

    監修:医学博士 﨑元 卓(フシミ眼科クリニック)

    Blog category
    目の豆知識
    Show share widget
  • 眼科の先生に、聞きたいのだけど・・

    皆さんは、ときどき、あるいは急に、コンタクトレンズ(CL)のことで、誰かに聞いてみたいと思うことがありませんか?
    例えばそれが眼科の先生にだったら・・なかなか話を切り出せなくて・・聞きそびれるという事があるかもしれません!・・・

    今回は、そのような時の「豆知識」です。

    キーワードは二つです。・・まず第1に:主役はあなたです。・・ですからCLについて、眼について・・どんな小さなことでも、遠慮せずに質問して下さい!・・

    第2に眼科医は、皆様に答える責任があります。医師に気を使う必要はありません。
    とはいうものの・・忙しそうだから・・とか、おかしなことを質問したら、機嫌が悪くなりそうだから・・と、皆さんは思われるかも知れませんね。・・ひょっとすると、そのような経験をされた事があるのかもしれません。・・ここが大事なポイントです!

    忙しそうだから・・と言っても、眼の事やCLのことは・・あなたより眼科医のほうが専門家ですので良く知っている筈です。・・専門化としてわかりやすく質問に答えなくてはなりません!・・・また、他の患者さんが待っていることで、質問がしにくいと感じていませんか?・・・眼科医は患者さんの悩みや疑問に対して答えたいと強く思っています・・・だから遠慮しなくてもよいのです。・・・眼科医はあなたの質問や疑問をまっています!

    ・・あなたには・・自分の眼のことを心配しているという立派な理由が有るのですから、遠慮なく質問して欲しいと思います。

    一方、医者が質問に答えられない場合が有ります。・・知識不足、経験不足等。・・私も経験しました!・・あまりにもCLやケア用品の種類が多く、すべてを覚えきれない事が有ります。・・私は直ぐにCL関係の本を調べたり、スタッフに聞いて答える事にしています。・・また時々、済みません、この次までに調べておきますから・・と、頭を掻きながら謝る事にしています。・・

    実は、そのようにして私たち眼科医も一生懸命勉強しておりますが・・・医療は日進月歩なので知らない事を聞かれる場合もあるかもしれません・・・だから、私たち眼科医も一緒に知識を深めていきたいと強く思っています!・・・どんどん聞いて下さい!

    私には持論が有ります。・・それは、人がわがままを許されるのは、病気の時だと言う事です。・・そこで医者が怒ったりしてはならないと考えます。・・医者は患者さんの病気を治すことや不安に応えることで安心して毎日を過ごしていただきたいと考えています・・・つまり、患者さんが遠慮して聞きたいことを聞かずに医者の機嫌を気にするのは・・本末転倒なのですよ! 

    眼が乾く、CLが外しにくい、見えにくい、遠近のレンズが合わない、汚れが気になる・・どれも眼にとって良くない事が現実に起きているのです。・・遠慮は禁物です。・・眼科医にどんどん質問して下さい!・・・そのことが結果的にその医者、クリニックを良くする事に繋がる・・と考えてみて下さい。・・まずは、取り敢えず一つだけ、質問してみましょう!・・主役はあなたです!

    監修:医学博士 﨑元 卓(フシミ眼科クリニック)

    Blog category
    目の豆知識
    Show share widget
  • コンタクトレンズと涙の関係

    涙が少ないから ⇒“コンタクトレンズが乾く”・・また反対に
    涙が多いから ⇒“コンタクトレンズが潤う”・・とは限りません!
    ・・“なぜでしょう?”・・今回はこれを考えてみます・・

    まず、コンタクトレンズを装用していない時に、眼が乾く事があるのでしょうか?
    ・・“私はドライアイです!”とおっしゃるかも知れません。でも、“眼が乾くこと”と“ドライアイ”は同じではありません。・・ドライアイの病名がつく人は、皆さんが考えているより、はるかに少ないのです。
    ・・それでも、コンタクトレンズ(CL)装用時に眼が乾いた状態になることが有ります。
    ・・これらを、少し整理して説明いたしましょう。

    キーワードは涙の分布状況です。・・涙液がどのように眼の表面やレンズの周りにとどまるか?・・・この時、大きな役割を果たすのが瞬き(瞬目)です!
    ・・つまり、眼とレンズの表面、さらに“レンズの内側”にも涙液を・・いかに効率よく循環させるか!・・この働きは・・瞬き(瞬目)がキーポイントになります!

    ・・「一瞬の間」という言葉が有ります。・・その時間はわずか 0.3 秒(閉じるのに 0.1 秒、開けるのに 0.2 秒)です!・・この短い時間に涙液が供給され、排出されます。・・涙液の交換で眼の表面が綺麗になり、栄養分が供給されます。
    ・・この場に、コンタクトレンズを乗せると・・涙の循環はどうなるのでしょう?

    ・・まず、コンタクトレンズと涙の関係ですが、・・①水濡れが良い、親水性のレンズ・・等はレンズの材質や表面の性質を表します。・・一方、汚れるとレンズ表面で涙がはじかれ、乾燥してきます。・・乾燥すると汚れ易くなり、瞬きしても涙の乗りが悪くなり・・乾燥と汚れの“負のスパイラル”が始まるのです!
    ・・次に、②レンズ内面と角膜との間隙に、どれぐらい涙液が有るのか?・・涙は入れ替わっているのか?・・そこには、重要な因子が二つ有ります!・・

    ・・レンズと角膜の間隙に涙が供給されるには・・③レンズが少しでも動かなければ、涙は入ってきません!・・④レンズが動くためには・・レンズデザインに工夫が必要です!・・つまり、瞬きで必要最小限度上下するレンズでなければなりません!
    (レンズがピッタリ眼に乗っていては、眼の酸素不足とレンズ汚染が起こります)

    ・・さて、上に述べたように①②③④と順を追って考えてくると、「コンタクトレンズと涙の関係」は密接であり、おろそかに出来ないものです。

    ・・今あなたが使用しているソフトコンタクトレンズは・・水濡れの良い、汚れにくいレンズかどうか?・・瞬きのたびに軽く上下するレンズデザイン(ベースカーブ、エッジデザイン)で、自分の眼に適しているのか?・・瞬きしても乾きが取れないのはクリーニング(レンズケア)が合っているのか?・・・などなど、気をつけねばならないですね!・・

    ・・・改めて自分のコンタクトレンズを見直して下さい!・・そして今のコンタクトレンズで分からない事が有ったら、自分で判断せずに、眼科医に聞く事にしましょう!・

    監修:医学博士 﨑元 卓(フシミ眼科クリニック)

    Blog category
    目の豆知識
    Show share widget
目の豆知識

ページ