以前、老眼の対処方法老眼になって皆さんがどのように感じているかをお話しました。今回は老眼の対処方法として今、是非おすすめしたい遠近両用(マルチフォーカル)コンタクトレンズについてお話したいと思います。

遠近両用というと、まずメガネを思い浮かべる人が多いと思いますが、コンタクトレンズにも遠近両用があるのをご存知ですか?
小さなコンタクトレンズが遠くと近くの両方にピントが合うように設計されているので、いつでも自然に、遠くも近くも楽に見えるんです。なんだか不思議で、とても魅力的ですよね!
ここで普段、コンタクトレンズをお使いの方が40歳位になったときにどのような状況が起こりやすいかいくつか例をあげてみましょう。

  • 車の運転などをするために遠くをハッキリ見るための度数を使っていたり、何年間もずっと同じ度数のままで使っている人は、スマートフォンの画面や書類など小さな文字を読みにくいと感じていませんか?
  • デスクワークやパソコンなどの作業が多く、近くの物を見やすくするために、コンタクトレンズの度数を弱めて使っている人は、遠くが見えにくくなり、電車の中の広告が読みにくかったり車の運転などがしにくいと感じていませんか?
  • 遠くを見るため用と近くを見るため用の2種類のコンタクトレンズの度数を使い分けている人で、つい間違えて近くを見るため用のコンタクトレンズをつけてしまって運転の時に困ってしまったり、映画の字幕が見えにくかった…などの思いをしたことはありませんか?

もし、この様にちょっと不便を感じたことがある・・・という人は、遠近両用コンタクトレンズがお勧めです。

以前に試してはみたけど、何となくぼやけて見えにくかったから遠近両用のコンタクトレンズはあきらめてしまったという人も、新しいデザインのものが出てきていますので、眼科で色々と試して自分に合うコンタクトレンズを探してみてください。
時々の外出や旅行で使いたいなら1日使い捨てタイプレンズ、毎日使うから2週間交換タイプレンズを選ぶなど、ライフスタイルに合わせて選ぶこともできます。

そして、とても便利なレンズですが…初めて購入する時は“度数の選択”にちょっとしたコツがあるので、是非、ぜひ…眼科の先生に相談してくださいね!

自然な視界でハッピーなコンタクトレンズライフを送りましょう♪

監修:医学博士 﨑元 卓(フシミ眼科クリニック)

マガジン・ニュースへ