国民生活センターでは、まつげエクステンション(まつげエクステ)の施術を受けたことにより目が痛くなったなどの危害が後を絶たないと2015年6月に注意を呼びかけました。
この「耳よりな目のお話」でも、4年前に「アイメイクと目とコンタクトレンズのトラブル~まつげエクステンション、まつげパーマ、つけまつげ」で、目のトラブルを防ぐためのお話をしましたが、その後も まつげエクステンションでのトラブルが多いようですので、今回は新しい情報を加えてお話しますね。

さて、国民生活センターによると、まつげエクステンションの施術を受けたことにより目が痛くなったなどの危害情報が2010年度以降の5年間で599件寄せられているそうです。
みなさんは、まつげエクステンションやまつげパーマは美容行為であり、施術者には美容師の免許が必要なのをご存知ですか?無免許で施術している所もあるようなので注意してくださいね。
魅力的な目元にするためにサロンを訪れるのですから、目のトラブルを防ぐようにしたいですよね。

◆まつげエクステンションやまつげパーマのトラブルを防ぐために

<お店選びの際の注意点>

  • 予約をする際、また施術を受ける際に施術者が美容師であるかを確認しましょう。
  • 施術前のカウンセリングがしっかりとしていているお店を選びましょう。
    まつげエクステの場合は接着剤(グルー)、まつげパーマの場合はパーマ液でのアレルギーについてなど、起こり得るリスクについてきちんと説明してくれて、コンタクトレンズをつけている場合は外すように指示をしてくれる所が良いでしょう。
    心配なことや気になることを聞いた時にきちんと答えてくれるのは、信頼できるお店選びの一つです。
  • 施術者の技術がしっかりしていて、衛生面もしっかりしているお店を選びましょう。

<コンタクトレンズを使っている人の施術時の注意点>

  • 施術を受ける時は、コンタクトレンズを外しましょう。
    施術中は長い間目を閉じることになりますので眠る時にレンズを外すのと同様と考えてください。また、接着剤やパーマ液がレンズに付いてしまい、痛みや充血などの目のトラブルや、ハードコンタクトレンズの場合は施術者の手がまぶたに触れてレンズがずれる可能性もあります。
  • まつげエクステやまつげパーマをしに行く時は、メガネを持って行きましょう。
    特にまつげエクステをした後は、コンタクトレンズは着けずにメガネで帰ることをおすすめします。
    まつげエクステの施術後、接着剤が完全に乾くまで5~6時間程かかります。 コンタクトレンズを目につける時、指先やレンズがまつげに触れる可能性が高いので、乾いていない接着剤がコンタクトレンズに付いてしまったり、まつげが濡れてしまうとエクステ毛が取れやすくなります。
  • エクステのボリュームを出し過ぎると、コンタクトレンズのつけ外しがしにくくなることもありますから施術者と相談しましょう。

◆もし施術中や施術後に目やまぶたに異常を感じたら

施術中に目がしみる・痛むなどの症状が出た時には、すぐに施術者に伝え、施術を中止してもらうようにしてください。その後も症状が治まらない場合には、すぐに眼科を受診しましょう。
また、施術後に目の痛み・しみる・充血、まぶたの腫れ・かゆみ・赤みなどの異常が出た場合も、すぐに眼科を受診してください。これらの症状は、エクステ毛や接着剤がアレルギーの原因となって発生した可能性もあります。その場合には、目の安全のために、残念ですがエクステを外してもらう必要がありますので、施術したお店にも連絡するようにしてくださいね。

まつげエクステンションやまつげパーマのトラブルを未然に防ぎ、コンタクトレンズライフを楽しみましょう♪

監修:医学博士 﨑元 卓(フシミ眼科クリニック)

マガジン・ニュースへ