コンタクトレンズを装用していて目が乾いた時、人工涙液を点眼しますね。また、花粉症や結膜炎、角膜炎などの炎症になってしまった時などにも、目薬を点眼します。
でも、「目薬をさすのは苦手」、「どうしてもうまくさせない」という人も結構いるみたいです。
そこで、今回は目薬の効果を最大限に発揮させるための「失敗しない上手なさし方」をお教えします!
ちょっとしたコツさえつかめば簡単です☆ ぜひやってみてください!

目薬のさし方

手指を石鹸で洗い、よくすすいで乾かしましょう。
上を向き、目薬を持っていない方の手の親指で下まぶた、人差し指で上まぶたを大きく開きましょう。
目薬の容器は、利き手の親指と人差し指で持ちましょう。
目薬を黒目の2-3cm真上の位置から1滴だけ点眼します。
点眼後は、上を向いたまま30秒~1分くらい静かに目を閉じましょう。

コツ

点眼する時に目薬の容器の先端が目に近付いて来ると、怖くてどうしても無意識に目を閉じてしまう・・・という人は、下まぶたを指で押し下げてポケットのようになったところに点眼すると、意外とうまくいきますので、試してみてください!

注意点

  1. 目薬の1滴は約50μl(1/20ml)ですが、目に保持できる薬の量は大人で約20-30μlです。
    何滴もさす人がいますが、あまり多くさしても、目からあふれて無駄になってしまいます。
    あふれた液が目の周囲の皮膚に付いてかぶれたりすることもありますので、適量をさすことがポイントです!
    ぞれぞれの目薬の適量は、添付文書(付属している説明書)に記載されているので、それを確認しましょう。
  2. 目の周りについた目薬は、かぶれなどの原因になるので、ティッシュなどでふき取りましょう。
  3. 目薬をさしてすぐにパチパチと瞬きをする人がいますが、 瞬きはしないでくださいね☆
    瞬きによってせっかくの目薬が涙と一緒に流れ出てしまい、目薬の効果があまり発揮されなくなってしまうことがあります。
  4. 目薬の容器の先端が、まつげ、目やまぶた、指先に触れないように注意しましょう。
    特にマスカラやエクステンション、化粧をしている場合は、気を付けてくださいね。
    目薬の汚染を避けるためです。汚染した目薬で症状が悪化してしまうことがあります。
  5. 目薬は自分専用にして、他の人と貸し借りするのはやめましょう。

保管する時の注意

目薬は冷蔵庫に保管しなければならないと思っている人が多いようですが、高温になるところでなければ、必ずしも冷蔵庫に保管しなくても大丈夫です。
また、光に弱い成分が含まれている薬もありますので、車の中や窓際など直射日光や強い光に当たる場所は避け、付属の遮光袋に入れておくことをオススメします。
一度開封した目薬は、たとえ残っていても、もったいない!と思わずに、1ヵ月位を目安に捨てましょう☆目薬の添付文書を読み、医師や薬剤師の指示に従いましょう。

監修:医学博士 﨑元 卓(フシミ眼科クリニック)

facebookはじめました

他では知ることができない
コンタクトを快適に使う為の
ちょっとしたコツを毎月お届けします!

近くのコンタクトレンズについて相談できる施設を探す
近くのコンタクトレンズについて相談できる施設を探す
マガジン・ニュースへ