これまで、妊娠から育児をしているママ達に知ってほしいことを女性のちょっとした疑問としてお話してきました。今回は、育児中のパパ・ママ・ご家族のみなさんに知ってほしいことをお話しようと思います。

赤ちゃんの見る力は、急速に発達します。乳幼児期は視機能に影響を受け易い発達時期でこの時期に発達を阻害されると弱視になる可能性があります。そのため、この期間に視力障害がみられたらできるだけ早く治療することが大切です。

乳幼児の視力
生まれたばかりの赤ちゃん(新生児)は、初めはぼんやりと明かりがわかる程度ですが目を動かす筋肉や脳の発達とともに視力も発達し、目の前の手の動きなどがわかるようになります。
赤ちゃんの視力は、生後2~3ヶ月頃で0.01~0.02くらいで、ママの顔をじっと見つめたり、動くものを追います。
生後6ヶ月頃は0.05~0.2くらいで、ぼやけていても色や物の判別ができるようになりますが、この頃になっても動くものを追わない、色に反応しないときは眼科医に相談してください。 
1~2歳になると0.3~0.5くらい、3歳頃で0.8~1.0くらいになりますが、3歳くらいまでのこどもは、かゆい、痛い、目が見えないなどの訴えが できません。視力に関して言えば、もともと見えなかった目なので、見えないことを自覚していたとしても、まだそれを上手に表現することができないのです。
そして、6歳頃には1.0~1.2くらいとなり、大部分の子供が大人と同じ視力に発達します。

ご家族に気にかけてほしいこと ~乳幼児の症状・行動~
赤ちゃんから幼児期までの目の病気には、斜視、弱視、先天性白内障、先天性緑内障、網膜芽細胞腫、先天性鼻涙管閉塞などがありますが、毎日の生活の中でちょっと気にかけて目をみることで、これらの病気を早期発見・早期治療することができます。
次のような症状を見かけたらすぐに専門の眼科医に相談しましょう。

  • いつも涙目になっている。
  • よく目が揺れている(震えている)。
  • 黒目の中心(瞳孔)が白く濁っているように見える。
  • 黒目の表面が白く濁っているように見える。
  • よく目やにがでる
  • 前よりも黒目が大きくなった。
  • よく目をパチパチする。
  • いつもまぶしそうにしている。
  • よく目をこする
  • おもちゃ、絵本、テレビなどを極端に近づいて見る。
  • ものを見るときに目を細める、顔を傾けて見る、横目で本やテレビを見る。
  • カメラのフラッシュで片目だけ光る、光が黒目の中心からずれる。
    ※カメラ撮影のとき、近距離で連続してフラッシュ撮影をするのは赤ちゃんの目に負担がかかるのでやめましょう。

神経質になりすぎるのは良くありませんが、何か気になることがあれば眼科医に相談しましょう。かかりつけの小児科医に診てもらい、小児眼科を紹介してもらうのもオススメです。
受診して何も問題がなければ安心できますね♥

ネイルとコンタクトレンズと目のキケンなトラブル

監修:医学博士 﨑元 卓(フシミ眼科クリニック)

マガジン・ニュースへ