花粉症で目に辛い症状が出ていても無理をしてコンタクトレンズを使っていませんか? また、手洗いや洗顔、衣服の花粉への対処、目薬、点鼻薬などで症状を防げないお子さんの中には花粉防御メガネ(ゴーグル)を使う例がありますが、子供用の花粉防御メガネをかけている時に発生する恐れのある「けが」について国民生活センターでは注意を呼び掛けています

花粉防御メガネは通常のメガネの形状と違い、顔面側へフレームに張り出しが付いているデザインになっています。そのため、足元の段差に気付きにくく転倒したり、人や物にぶつかった時に防御メガネフレームの張り出した部分が目の周辺に強く当ってしまい、まぶたなどを3~12針も縫ったという事例も発表されていますので、お子さんに花粉防御メガネを使わせる時には十分な注意が必要です!!

◆花粉防御メガネの形状・材質による選び方

  • フレームの形状 ⇒顔の形状に沿った湾曲型がお勧め。
    平面型に比べて視界への影響が少なく、足元の段差が分かりやすい。
  • 張り出しの材質 ⇒軟質樹脂がお勧め。
    硬質樹脂に比べて衝撃による皮膚へのダメージが少ない。

◆花粉防御メガネを使わせている子供への注意

  • 体育の時間やスポーツなど激しい運動をする時には、使わせないようにしましょう。
  • じゃれ合ったりしていて、人の手や頭が防御メガネに当たると危険なことを良く言い聞かせましょう。
  • フレームの張り出し部分によって周りが見えにくくなるため、左右から来る人や車、また足元の段差にも気付きにくくなるので特に注意するよう、良く言い聞かせましょう。
  • まずは安全な場所で周囲の見え方に慣れさせるようにしましょう。

◆コンタクトレンズを使っている方は

  • コンタクトレンズを使用している人はコンタクトに花粉がつくことでアレルギー症状が強く出てしまうため、症状の強い期間は使用を中止してメガネを使用するか、一日使い捨てタイプのコンタクトをなるべく短時間で使用するのがお勧め。眼科の先生と良く相談しましょう。
  • 目にかゆみ、充血、涙が出る、目やに、異物感、痛み、まぶたの腫れなどの症状がある時は、コンタクトの使用を中止して、早めに眼科を受診しましょう。

お子さんの花粉症を和らげてあげようと、花粉防御メガネで大けがをしては大変です。
保護者の方は眼鏡店で相談し、商品の形状や材質も確認してお子さんの顔に合うものを選んであげてください。そして安全な使い方をしっかり言い聞かせてくださいね!

監修:医学博士 﨑元 卓(フシミ眼科クリニック)

マガジン・ニュースへ