以前、子供の視力低下とその予防についてはお話をしました。
今回は、最近よく耳にするIT眼症についてお話しようと思います。
近年、これらの病気は大人だけではなく、携帯ゲームやテレビゲームのし過ぎ、テレビの見過ぎなどで子供にも発症してきているため注意してください。

*IT眼症とは?
パソコンやテレビゲーム、スマートフォンなどIT機器を長時間使用したり適切に使用しないことによって生じる目の病気、またそれが引き金となって発症する全身の症状をIT眼症といい、更に全身的な症状や精神的ストレスなどを含めてVDT症候群、別名テクノストレス眼症とも言われています。

*IT眼症の症状とは?
目の疲れ・目の痛み・まぶしい・ちらつく・かすむ・目が開けられない・充血・乾燥感・ピントがあわせにくい・視力の低下・ドライアイ・角膜炎・結膜炎・ゴロゴロ感・しょぼしょぼする・光がまぶしく感じる・目やに…など目の症状。
肩、首、腕、手、腰などのこり・痛み・めまい・だるい・吐き気・食欲不振・頭痛・手指のしびれ、理由もなくイライラする・不安感・眠れない…など心身の症状があげられます。

*IT眼症を防ぐためには?

  • メガネやコンタクトレンズを使っている人は、度数が近くを見るために合っているか確かめましょう。矯正した視力で1.2など遠くが良く見える状態だと疲れやすくなります。
  • 裸眼でIT機器の画面が良く見える程度の近視なら、IT機器を使用する時など近くを見続ける時はメガネやコンタクトレンズを使わず裸眼のままでも良いかもしれません。眼科で相談してみてください。
  • メガネやコンタクトレンズの処方をしてもらう時やコンタクトレンズの定期検査などは、携帯ゲームなどをしないで出掛けましょう。目が疲れていると視力が出にくく、度数を強めないと視力がなくなり、過矯正(遠視状態)になってしまうことがあります。遠視状態だと近くを見る時に余計に目に負担がかかり疲れるようになってしまいます。
  • パソコンや携帯ゲーム、スマートフォンなど機器の画面は40~50㎝以上離して見ましょう。
  • 機器の画面は視線がやや下向きになるようにしましょう。
  • 画面に光が反射しにくいようにしましょう。
  • 長時間のゲームを止め、30~40分したら3~5分程ゲームから離れて目を休めましょう。
  • 画面を見ている時は瞬きを意識して行いましょう
  • 目を休める時など、時々体もほぐしましょう。
  • 屋外で遊ぶ時間を増やしましょう。
  • 好き嫌いをさせず、栄養バランスの良い食事をとるようにしましょう。

大切な子供の目や健康を守る為には、親が常に気を付けて予防してあげることがとても大切ですね。もし、少しでも異常に気付いたら早めに眼科を受診してください。

監修:医学博士 﨑元 卓(フシミ眼科クリニック)

マガジン・ニュースへ