赤ちゃんはどれぐらい見えているのでしょう。・・幼児の視力はどのようにして測るのか。・・
子供は何歳ごろから大人と同じ程度の視力になるのか。・・

眼には動くものを追う働きや・・立体感、遠近感など大事な機能が有ります。これらが発達し、出来上がるのは何歳ぐらいなのでしょう。・・
子供を育てておられるお母さん方のみならず、子供のメガネやコンタクトレンズ(CL)を考える上でも・・気になられると思います。・・それらについて2回に分けてお話ししていこうと思います。・・・

生れて間もない新生児の眼球(眼軸)は大人の2/3、黒目(角膜)の直径は大人の80%の大きさもあります。・・ですから、赤ちゃんの眼が大きいと感じるのはもっともだと思います。“可愛い大きな眼”は赤ん坊の特権です。・・
乳幼児の視力検査は3歳未満では、縞模様を見せる方法(無地のカードより縞模様のカードを見る傾向がある)などの検査法があります。・・生後1カ月で0.03、3カ月で0.05、6カ月で0.1-0.2、1歳で0.1-0.4と考えられています。・・3歳になると、切れ目の有る環(ランドルト環)を自動車のハンドルのように持たせる検査が可能なので、0.8-1.0の視力を確認することが出来ます。・・その結果、4歳半ぐらいからは、ほぼ大人と同じ視力(1.0-1.2)になっているのが分かります。実は、網膜の中心構造(黄斑)が完成するのもおなじ4歳ごろと言われています。・・
基本的に幼い子供は遠視です。特に乳幼児はかなり強い遠視です。・・本来ならお母さんや哺乳瓶の乳首は近すぎて、なかなかピントが合わない筈なのに・・また、ハイハイしながら、落ちている小さなゴミを見つけるのが上手ですが、・・強い遠視なのに不思議です。・・きっとピントを合わせる力(調節力)がすごいのでしょう。・・そうです、生後4カ月には出来上がっていると言われています。・・・

母親は、赤ちゃんが自分の姿やおもちゃを眼で追い始めるのが生後4-5カ月ごろからと気付きます。・・その頃から2-3歳にかけて立体視が急速に育つと言われて、・・この様な、遠近感、立体感を調べる検査として、昆虫の羽根だけを掴むテスト(フライ-Test)が有名であり、世界的に行われています。・・
両眼でものを見るためには・・立体感に加えて、両眼を同時に使う(同時視)、左右の像を合わせる(融像)などの高度な機能(両眼視機能)があります!・・
ところが、これらは・・4歳頃には完成しているようなのです。・・・

さて、皆さんも気付かれたでしょう。・・子供の眼の発達で非常に大事なのは ・・生後3-5カ月の乳児期・・3-5歳の幼小児期・・この二つの時機ですね!

監修:医学博士 﨑元 卓(フシミ眼科クリニック)

マガジン・ニュースへ